メインロゴ

娘/息子/子供の家出失踪での行方調査から恩人/知人/昔の彼氏/彼女の人探しまで、初めての人探し・行方調査のご利用を考える方のサポートサイトです。

家出・失踪人調査 対処方法と相談事例 相談案内

 2022-12-14

家出・失踪人調査 対処方法と相談事例 相談案内

■目次
家出調査 自分でもできる家出調査と事例 相談案内
自分でもできる家出調査1
自分で家出調査するときの注意点
自分で家出の情報収集ができたら
家出調査に関する相談 相談窓口と家出調査の相談事例
全国ネットワークでの家出調査





家出調査 自分でもできる家出調査と事例 相談案内

家出調査する種類、緊急を要するような場合の人捜し(家出、失踪人捜し)と、そうでない場合の家出(同級生や友人、知人、恩人、好きになった家出)の2種類によって方法が違います。無理をせず出来るところはご自身で、危険を伴う場合は各機関や専門家へご相談を!初めての探偵依頼は必ずご相談ください。

 

| 自分でもできる家出調査のご案内




自分でもできる家出調査1

自分で家出調査をするには

緊急性を伴う家出や失踪人捜しの場合

最寄りの警察署へ

先ず何より警察署の方へ届け出を出しましょう。車両などの移動手段の場合、警察が管轄するナンバープレートの割り出しなどにより居場所がある程度特定できるかもしれません。また携帯電話などの発信所在地域を教えてもらえる可能性があります。警察の捜索対象者になりますので、パトロール中に対象者が警察に接触した時、発見されることになります。事件性がある場合などは公開捜査に踏み切ることにもなります。


対象者の部屋を捜索

部屋の状況を確認してみましょう。持ち出された所持品、PCや衣類、また本人に関係性のある趣味や雑貨、対象者が何を調べていたのかなど、様子がうかがえると思います。またいつも身に着けて出かけるもの、当日の恰好などを検証しましょう。事件性があるのかそうでないのか、計画的なのか突発的なのかが、見えてくると思います。事件性がある場合これもまた警察の捜索の仕方が変わります。


インターネット、メール、電話を活用

SNS(Facebook、インスタグラム、Twitter、LINE)を日頃からよく使用しているか確認をして、そして呼び掛けてみましょう。メールや電話での呼びかけも同様に行うのも手段の一つです。SNSから分かる情報を基に関係者などコンタクトを取るのも一つです。


勤務先(学校)や友人とのコンタクト

家出・失踪前後の様子はどうだったのか、おかしなところはなかったのか、事件に巻き込まれるようなことやトラブルはなかったのか、最後に接触したのは誰なのか前後の状況を知ることで本人の状況が推測できると思われます。また聞き取りの中で気を付けたいのはその情報が正しいものなのか、嘘をついているや、隠していることはないか判断するのも重要情報だと思います。


最寄りの宿泊施設を確認する

家出・失踪人の全ての対象者がとは言いませんが、稀に近くの24時間施設(ネットカフェや飲食店)や最寄りの駅近くの宿泊施設などにいることがあります。これからどうしようか、失踪者の立場でも悶々と考える時間帯でもあります。今までのケースでは思い出の場所や、精神状態にもよりますが自殺名所や最寄りの人が立ち寄らなそうな場所などにも訪れて見つかるケースもあります。探す家族の方が思いもよらない場所で見つかるケースなどあります。早めの行動が大事です。


探偵にもお願いする

家出失踪での捜索の場合、個人や家族で動くより専門家のプロで捜索する方が、何十倍も機動力が違います。足取りが遅れることにより家出・失踪人の心理も状況が刻一刻と変わってきます。家出・失踪人の捜査は初動が大事です。後悔しないよう万全な体制で捜索を行うことが大事です。


 

|  自分でもできる人探し調査2

自分で行方を調べるには

緊急を伴わない行方 人探し(元同僚、友人、恩師、好きだった人)

SNSを活用させる

今や情報化社会、個人の表現する環境の中で個人情報や、生活の状況などを自分から発信しているサイトなどが存在します。対象者の名前を検索すると本人のページが閲覧でき、写真や、テキストなど更新されている可能性やまた、友人関係などの情報も取得できる可能性などもあります。本人までコンタクトを取らないにしても様子をうかがえる可能性があります。


 

以前の友達、以前の所在、以前の勤務先

対象者の状況にもよりますが、行動する範囲は思い出の場所、ゆかりの地、行ったことがない行きたい場所、また以前、住んでいた場所や、その当時の仲間やお世話になった人の場所へ行くこともあります。人間の行動範囲は比較的少ないというか、行動範囲が限られくる為、例外以外はそのような行動をします。第三者が手助けをしてない限りは、行くところは少ないと思われます。


図書館で得られる情報

図書館へ行くのも手です。何かしら記録が保管されていることがあります。人探しは足を使って探すことが手掛かりへ導く第一歩です。


対象者の状況を考える

探される側の心理も十分に考えないといけません。家出した場合は家族が心配しているだろうなと考えることもしますが、家を出た以上見つかりたくない、帰りたくない心理が働きます。状況を考えてから接触をするのが良いでしょう。まずは無事でいるのか、生活は出来ているのか状況を把握することが先決です。タイミングが大事になります。それを間違えますとまた家出をします。次、家出があったとしても状況や、環境を把握することが大事です。


探偵にもお願いする

当然、個人で動くより何十倍も機動力が違います。またプロから見た第三者の視点や思わぬ情報が得られることが多いです。何より心細くありません。また対象者と接触する際、ひとりで探してたんだと思われるより印象は良いはずです。個人情報保護法の観点からしてもどのように接触するかなどより良いアドバイスができるものと思います。


 




自分で家出調査するときの注意点

自分で家出調査を行う際は以下の点に注意しましょう

注意点

・家出人の情報を得るために対象者の周りの友人や勤務先へ必要以上に連絡を行う行為。帰ってきてからのこともそうですが、家出人の立場を考慮しない勝手な行動は慎みましょう。

・決して強要するのではなく施すこと。家族が守るという気持ちを伝えることです。

・キャッシュカードを持っているからといって口座を止めないこと!お金が無くなれば帰ってくるだろうは危険です。精神的に追い込まれれば何をするかわかりません。それよりもどこで行動をしているか、銀行口座から把握することです。

・法律を犯す行為




自分で家出の情報収集ができたら

専門家へ相談

自分で家出調査がある程度できたなら無理をせず、探偵事務所や興信所へ相談しましょう。自分で収集した情報は証拠になったり、その先への繋がる情報で次へと進むでしょう。また自分で証拠収集した情報を基に更なる調査やよりよい環境へ導きられる手段となるでしょう。自分で家出調査を行うには限界やリスクが伴います。無理をして相手に思わぬところでバレてしまうようなことのないようにご注意ください。




家出調査に関する相談 相談窓口と家出調査の相談事例

無料電話相談

家出調査に関する行方調査の無料電話相談を利用する際は、できるだけ詳しく状況説明を行い、今自分が持っている情報を伝えることが重要です。無料電話相談は依頼を申し込むわけではありませんので、自分の個人情報を伝える必要はありません。 

メールからの問い合わせ

家出調査、行方調査メールフォーム無料相談を利用する際は、出来るだけ詳しく状況説明を行い、今自分が持っている情報を伝えることが重要です。 

【注意】メール無料相談は依頼の申し込みではありません。 電話申し込み・FAX申し込みは24時間受け付けております。

| 家出調査の相談事例

・35歳になる息子の失踪

・結婚を許さなかった娘の家出

・妻が知らない間に借金を作り問い詰めたところ失踪

・リストラにあった主人が帰ってこない

・妻が浮気が原因で行方をくらました

・彼と入籍まじかで連絡が取れなくなった

・仕事に行ったきり帰ってこなくなった旦那

・同棲中の彼女が帰って来ない

・付き合うことを約束したキャバ嬢

・母親が何も持たず出て行き、連絡もとれない

・離れて暮らす娘としばらく連絡がつかない

・子どもが帰って来ない

・介護が要する母が留守の間に出て行ってしまった

・近くに住む母親が遺書を残し失踪

・娘が付き合っている彼と同棲を始め住所がわからない

・警察からは刑事事件でないと対処できないと言われた




全国ネットワークでの家出調査

全国のネットワークで遠方の調査も可能

家出調査は全国ネットワークにより、遠方での家出、行方調査でも余計な諸経費をかけずに依頼が可能です。探している人物が離れた地域であっても各拠点の調査員が調査を行います。また本部にて探す相手の情報を一括管理で集約しております。安心してご相談ください。初めての家出調査は専門の調査会社へ。

 

家出調査に関するご相談は専門で行う探偵、興信所をお勧めいたします。

家出・行方調査に関するご質問や料金のご案内については専門家までお問い合わせください。調査会社によっては得意な調査や不慣れな調査などもございます。あらかじめ何が得意分野なのか確認をしておくことが良いでしょう。はじめてのご相談でも安心してご利用いただけるよう東京総合探偵興信社では、24時間いつでも家出調査の専門家が対応しております。

その他、人探し相談も受け付けております。

お問い合わせは東京総合探偵興信社へ 家出は専門家へご相談ください

 

探偵への質問と答え(事例集)に関するご相談はこちら

 0120-984-307 24時間無料通話 ご相談窓口

【無料/匿名OK】今すぐメールで相談

「家出失踪 会えなくなった人探し」のテーマの記事

※現在お問い合わせが急増しておりますので、一時的に電話問い合わせのみの受付とさせていただいております。お手数ですが「無料通話窓口 0120-984-307」までお問い合わせください。

あなたのお悩みにプロがお答えします!24時間無料相談フォーム

【無料/匿名OK】24時間電話相談

0120-984-307

LINE/お電話でもご相談ください

お悩みや状況、調査したい事柄などなんでもお聞かせください。調査費用のお見積も承っております。
LINEの無料相談窓口もご用意いたしております。
✔ 48時間以内に専門調査員よりご回答
✔ お問い合わせお見積もり無料
✔ 匿名OK/ご相談者のプライバシーを厳守
”後で分かったことですが、あの時すぐに無料相談を利用していなかったら、違う結果になっていたかもしれませんでした。(40代男性 中川 一貴 様/仮名)”
”調査についての詳しい説明だけでなく、他の方の同じような事例を紹介いただき、ここならば依頼出来るという可能性を感じることができました。(50代女性 藤原 京子 様/仮名)”
”50年近く前の記憶と懐かしい写真が数枚だけしか残っていなかったが、それでも親身になって対応してくれたことが嬉しかった(70代男性 大野 隆人 様/仮名)”
”GPSの位置情報などを駆使して息子の居場所を見つけていただいた瞬間、涙が止まりませんでした。私にとっては小説か映画の主役のように思えました。(40代女性 桜井 有紀 様/仮名)”
”SNSのアカウント情報ややり取りの履歴しか分からなかったので諦めかけていましたが、それでも1ヶ月以上かけて見つけていただいたのには感謝しかありません!(20代男性 福田 碧 様/仮名)”

残りの未入力項目

●入力してください
●入力してください
●入力してください
●入力してください●メールの形式が正しくありません
●入力してください
●入力してください
●入力してください
円くらい
●入力してください
※通信はSSLで暗号化し情報管理を徹底いたしております。
※必須項目を入力いただくと、確認ボタンが押せるようになります

残りの未入力項目